catch-img

防音対策で快適に暮らそう

より良い暮らしを目指すうえで欠かせないのが、騒音対策、つまりは防音です。

防音とは外の騒音が室内に伝わってきたり、室内の音が外に漏れることを防ぐことを言います。


防音する理由には大きく分けて以下の2つが挙げられます。

「上の階の足音が気になる」「幹線道路沿いに住んでいて、夜中の騒音がうるさい」といった不満を解消するための防音と、「使わなくなった部屋を自分だけのシアタールームに」「趣味の音楽を周りを気にしないで聴きたい、弾きたい」といった今の暮らしを豊かにするための防音です。


防音性を高める際は、部屋の大きさや間取り、窓の位置によってどこにどのくらい対策をするべきか変わってくるので、知識がないとなかなか難しいものです。周辺環境をきちんと把握して、無駄な部分に余分な費用をかけてしまわないように、効果的な場所に施していくことが大切です。


先程から防音と言っていますが、一括りに防音と言っても、防音材というものは厳密には無く、遮音材、吸音材、制振材といった3つの材料をまとめて防音材と言い、それぞれ使う目的や役割が違います。



遮音とは

伝わってくる音を壁や屋根で跳ね返すことで音を遮断することを言い、重量が重い物が大きな効果を発揮してくれます。

一般的には鉄筋コンクリート造りの建物は木造の建物よりも遮音性が高いと言われているのもこれが理由です。(木造も対策を施せば鉄筋コンクリート造りと同程度の遮音性は得られます。)


吸音とは

音を跳ね返すのではなく、吸収することにより音が反射したり、壁の反対側へ伝わることを防ぐことを言います。吸音材はその特性から、遮音材と組み合わせて使われることが多いです。部屋の家具の数に応じて音の反響に差が出るのもこれが理由です。


制振とは

防振ゴムのように固体音という楽器や足音などが壁や床などを通して部屋に伝達していく音に対して効果があるものなどがあります。音というものは空気中はもちろんの事、壁伝いにも伝達していくので、その伝達をシャットアウトする=防音性を高めることにつながります。


こうした遮音・吸音・制振を組み合わせながら、どの程度の防音性能が必要かどうかも考慮しながら静かな住まいを目指してみてはいかがでしょうか。


ご希望の騒音対策に関しましては神明建築工房にまでご用命下さい。


皆様方のニーズに少しでもお役に立てれば幸いです。

お問い合わせ

リノベーションをお考えなら、お気軽にご連絡ください。
どんなご質問にもお答えいたします。

人気記事ランキング

タグ一覧

神明建築工房設計施工トイレオフィスAVIC2号店リフォーム焼肉屋すだ歯科豊田通商外構工事バターマスター店舗改装キッチン改築工事お好み吉田オンデックリノベーション神明株式会社施工事例DIY シューズボックスいいデザイン書斎 リフォームDIY一人暮らし 家探し犬と暮らす DIY会社概要神明建築工房についてワンルームと1K違い現場レポート工務店お問い合わせ書斎DIY 靴箱玄関 リフォーム概要犬と住む生活 注意点ローコストリフォーム琉球畳高田馬場 工務店良いデザイン一人暮らし高田馬場トイレ リフォーム流れガーデニング DIYキッチン リフォーム本棚 DIY本棚 リノベーション換気扇 リフォーム押入れ リフォーム新宿区 リフォーム瓦屋根ガルバリウム鋼板シロッコファン紅の豚スレート高田馬場 リフォーム吊り押入シーリングライトシーリングライト リビングリビング 照明ダウンライト リビング間接照明 リビングダウンライト木製 リフォーム木製 リノベーション新宿区 工務店お年寄り リフォームお年寄り リノベーションバリアフリー リフォームリフォーム 高田馬場リフォーム 新宿給湯器 修理 東京給湯器 修理 新宿新宿 リフォーム東京 リフォームお風呂リフォームトイレリフォーム二重窓リフォーム新宿区工務店外溝 リフォーム珪藻土 リフォームフローリング リフォームフローリング リノベーション減築50代 リフォーム60代 リフォーム表札