catch-img

一人暮らしの物件探し

唐突な物件探し

実家の事情で急遽一人暮らしをしなければならない状況になり、慌てて物件探しを始めました。

私は決断が早い方なのですぐにどこか良いところが見つかるだろうと思っていましたが、いざ物件を探してみると私の条件に合う物件がなかなか見つからない!

私の条件は4万円代で風呂とトイレが別、部屋のタイプは1Kで料理がしやすいキッチンという4点でした。

数多くの物件を探し回ってやっと条件に合う物件を見つけた時はトライアスロンを完走したかのような達成感に包まれました。


ワンルームと1Kの違いは何?

ワンルームは文字通り1つの部屋という意味で、その中にバス・トイレ・キッチンあります。学生時代にも一人暮らしをしていたのですがその時はワンルームでした。

メリットとしてはなんといっても家賃が安い!また、開放的な空間で広く見えるところと部屋の中を移動するときに扉などで仕切られていない為動きやすいところでしょうか。

逆にデメリットは料理の匂いが部屋中にこもってしまうところですね(私はベッドに匂いが付いたりして困りました)

一方で1Kとは部屋とキッチンの間にドアがあり、2つに分かれている部屋のことを指します。

1Kのメリットはキッチンが分かれている為料理をしても部屋に匂いがこもらないことや、トイレの音やお風呂、冷蔵庫の稼働音が部屋まで聞こえにくい設計であることです。その他にも冷暖房が必要な部屋の中だけつける事が出来て節約できる点もあります。

デメリットはただ一つ、ワンルームに比べると家賃が高くなるところですね。


実際に住んでみて

学生時代は住みやすさよりも価格重視だった為ワンルームに住んでいましたが、社会人になり、ある程度長く住みやすい環境を重視して1Kに住んでみました。キッチンと部屋の間にドアが1枚あるだけで解消される悩みが多く、こんなにも違うものかと驚きました。

1人暮らしであれば個人的にやはり1Kをおすすめしたいのですが、やはり家賃は出来るだけ抑えたいですよね。一重に同じ1Kでも様々な間取りの物件が数多くあります。この記事が少しでも役に立てば幸いです。素敵なお部屋を見つけましょう。

お問い合わせ

リノベーションをお考えなら、お気軽にご連絡ください。
どんなご質問にもお答えいたします。

人気記事ランキング

タグ一覧