吊り押入の活用

押し入れの下段があれば収納が広がるから良いけど、意外と下は収納しづらく利用しにくいと思います。


吊り押し入れであれば、この下の空間に子どもの五月人形やお雛様とかを飾っても良いし、寝転がる際に足を伸ばしたりもできます。


ただ、飾りものを入れるには高さに制限があります。

最初の図面打合せの際に注意して、希望の物が入るようにしましょう。

また、窓を入れて光や風を入れるのに有効ですね。



和室は吊り押入れと地窓を採用することで視覚的に余裕もできるので、空間の広がりを感じることができます。


和室のリフォーム、吊り押し入れをご検討の際は、神明建築工房へお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

リノベーションをお考えなら、お気軽にご連絡ください。
どんなご質問にもお答えいたします。

人気記事ランキング

タグ一覧