catch-img

猫と快適に暮らすリフォーム

猫と快適に暮らす家にするリフォームのコツをご紹介します。

選ぶモノの形や素材、プランを少し変えるだけで、猫と幸せに住める家になります。

ただし、猫のストレスが解消されると人気のキャットウォークには意外な問題点が潜んでいることも。

猫と人が共に快適に暮らす家にするためには、ちょっとしたコツが必要です。

選ぶモノの形や素材、プランを少し変えるだけで、猫と幸せに住める家になります。

猫と暮らす家のポイントは、爪とぎ・運動・臭い

猫と快適に暮らすためのカギは、猫の習性を理解することにあります。まずは爪とぎです。

壁や家具など家中のあちこちで爪とぎされて、せっかくリフォームしてもすぐにボロボロ・・・なんてことにも。

また高所から飛び降りる時、壁面を駆け上がる時に壁や床に傷がつくことも。猫は、高い所への上り下りが大好きなので、移動中に爪であちこち傷をつけてしまうことがあります。

また猫を飼っている家にお邪魔した時に、気になるのがトイレの臭いです。猫は体臭よりトイレの臭いが強烈です。

玄関先でもトイレの臭いで猫がいることがわかる家もたくさんあります。

このように、猫の習性を踏まえていくと、猫と快適に暮らす家にするリフォームの際に注意すべきポイントは、爪とぎ・運動・臭いの3つであることがわかります。

リフォームの素材選びや収納の工夫で爪とぎ対策

猫の爪の被害にあいやすいモノと言えば、障子、網戸、本棚の本、木製室内ドア、壁紙などです。リフォームの際にはこれらを爪から守る工夫をしておきましょう。

障子は樹脂製の障子紙があります。薄いプラスチック板のような障子紙ですので、とても丈夫で今ある障子の枠に紙のように張ることができます。
網戸はステンレス網に交換すれば破けなくなりますし、カーテンは上下に開閉する表面がつるっとした素材のロールスクリーンを選ぶと上りにくくなります。

猫は高いところまで上り、棚にある物を手で払い落とすことがありますので、収納リフォームの際は扉を付けましょう。本棚にも扉を付けるのが無難です。扉材はメラミン化粧板を選べば、爪をとぐことは無くなります。

猫だけが通れる、猫だけが通れないなど場面に合わせて扉の工夫

リビングのドアは猫だけが通れる扉を付け、冷暖房のためにドアを閉めていても、猫だけは家の中に自由に行き来できるようします。

また、キッチンへの扉は猫が入り込んでいたずらしないように、しかし風と光は通るように、猫の頭が通らない大きさの格子戸にしたり、書斎は鍵付きの引き戸にするなど工夫します。

自由が大好きな猫だからこそ、猫だけが通れない、もしくは猫だけが通れるなど、場面に合わせたドアの形を考えていきましょう。


臭い対策は、消臭効果がある壁材と換気扇の取り付け

猫は体臭よりトイレの臭いが気になるものです。猫のトイレの近くの壁面に換気扇を取り付ける、トイレ周辺の壁材に消臭効果がある壁材を使う、壁紙の下地に炭塗料を塗るなどによって、臭いの軽減ができます。

消臭効果がある壁材で、臭い対策になるだけでなく、爪とぎ対策にもなります。

今ある壁紙の上からも張ることができるので、リフォームはとても簡単。トイレ周辺はもちろん、いつも猫が居る部屋や、駆け下りる可能性のある壁、爪とぎをする壁に手軽に張ることができます。

消臭機能を持つ壁材は、タイル状のもの、珪藻土や漆喰のような塗り壁、壁紙もあります。玄関ホールと廊下の壁面をこのような消臭機能を持つ壁材にリフォームしたら、猫を飼っていることが気付かれないようになったという方もいます。


運動対策はキャットウォークで、ただしプランには要注意

猫は平地を走りまわる平行運動より、上下を移動する運動によってストレスが解消されていると言われています。

そこでリフォームの際には、壁面にキャットウォークと呼ばれる猫の通り道を作ってあげましょう。棚を階段状に壁に取り付けるだけで、猫が楽しいキャットウォークができます。

ただし取り付ける際にはいくつかの注意が必要です。

天井の高いお宅で、脚立に乗っても手の届かない場所にキャットウォークを作りましたが、そこで猫に吐かれてしまい、掃除しようにも手が届かず四苦八苦・・・なんてことがありました。

猫はグルーミングと呼ばれる身体を舐める行為で、飲み込んだ毛を後から吐き出す習性があります。

キャットウォークを作る際には、滑りにくい材料で作るなど基本的な注意点の他に、脚立やイスなどで届く範囲までの高さに作ること、そして汚れても清潔に保てるよう掃除をしやすい材料や形状で作ることが大切です。


好みや予算に合わせ人間も猫も幸せに暮らす

ご紹介したプランや素材は種類も豊富で好みや予算に合わせることができます。

猫の為にと肩ひじ張らず、気軽に一番気になっているところだけでもやってみるのもいいかもしれません。

どんな事でも、是非一度ご相談ください。

お問い合わせ

リノベーションをお考えなら、お気軽にご連絡ください。
どんなご質問にもお答えいたします。

人気記事ランキング

タグ一覧